楽天占いへ | オリジナル占い | サービスガイドライン別ウィンドウが開きます
監修者紹介たかはしきりや高橋桐矢

 占い師兼作家。1967年、福島県生まれ。幼少期より東西の神話、伝説、占いに親しみ、タロットと西洋占星術を習得。上京後、占い鑑定をしつつ投稿生活をおくる。2000年、第1回小松左京賞努力賞に入選し、小説家としての活動をはじめる。
 使用占術はルーンの他、ルノルマン、ジオマンシー、西洋占星術、トートタロット、手相、ダウジング等。ルノルマンカード普及のため、桜野カレン氏と香氏と3人でトリプルKとして活動している。
日本児童文学者協会会員。

【著書】
・日本文芸社「はじめてのルーン占い」
・雷鳥社「占い師入門」
・雷鳥社「はじめてのルーン&パワーストーン組み合わせ入門」
・雷鳥社「副業占い師ブギ」
・学研パブリッシング「秘密のジオマンシー占い」

【テレビ】
・NHK Eテレ「オトナヘノベル」
・日本テレビ「月曜から夜ふかし」
・東京MXテレビ「バラ色ダンディ」

【雑誌・新聞・WEB】
・毎日新聞社「毎日小学生新聞」
・小峰書房「日本児童文学」
・ワン・パブリッシング「ムー」

監修者からのメッセージ

 ルーンは、厳しいけれど温かく力強いアドバイスがもらえる占いです。
 2000年以上前から、ルーンの不思議な力は、世界中の多くの人を魅了してきました。
 ルーン占いには発祥の地、北欧の気候風土と北欧神話の世界観が色濃く影響しています。一年の半分は氷におおわれる厳しい自然の中で生きていくのは、簡単なことではありません。北欧神話は血塗られた戦いの物語であり、主神オーディンは戦争と死の神です。人々は懸命に生き、愛し、戦い、笑い、涙し、そして神秘の言葉ルーンを使って神々に祈ったのです。
 占いをするとき人は、何かの瀬戸際にいるのかもしれません。
 たとえば愛を得るか失うか。人間関係の問題や人生の重要な選択を前にして、本気で向き合おうとするならば必ず、ルーンは真剣に答えてくれます。ルーンからの神託は、場合によっては厳しいものかもしれません。
 けれど力強く、温かく、すっと心に染みこんでくるのです。
 わたし自身も何度もルーンに助けてもらいました。
 このサイトに来てくださったあなたにも、ルーンからの贈り物がありますように。

きりや
人の想いや、置かれた状況、目に視えない運勢それらは絶えず変化し続けるもの。ですが、それらを予測し・読み解くために生まれたのが北欧古代の秘術『ルーン占い』です。あらゆる状況・答えを示すために生み出された「24」の神秘の文字があらゆる想い/状況/運命も驚くほど詳細&精密に言い当てますルーン占い完全無料メニュー